シリコンバレーやその他の多くの人々は、人工知能(AI)の誤った概念、特に「AIと自動化が人々にとって変わる」ことを促進したいと考えています。彼らがそうしたい理由は「人々を混乱させて、少数のテクノクラートがコントロールを維持できるようにすること。」なのです。機械学習または統計学習はこの世の中で最も知能レベルが低いことです。それは権力のある個人がアルゴリズムの背後に隠れることを可能にすることなのです。彼らの意志に基づいて行動するシステムを作成し、それが機械の意志であるかのように説明するのです。しかし実際にはマシンには価値観も意志もありません。欲望のあるマシンはありません。
マルクスであろうとケインズであろうと、余りにも多くの余暇をもたらす自動化の概念、したがってファビアンの社会主義の理想に従って大衆を導く必要がある特権階級のやり方は新しいものではありません。シリコンバレーでは、これと同じ考えがテクノ共産主義のディストピアに変わりました。彼らは私たちの目をくらまし、情報の制御と販売に基づいて世界を掌握しようとしています。
資本主義社会では、人々が自分が担うべき役割を担いたくないとき、またはあまり稼げないかもしれないということを受け入れたくないときに失業が起こります。資本主義は資本家に関するものだという嘘が教えられてきましたが、実はそうではないのです。
資本主義は起業家に関するものです。
起業家は新しいシステムを作りだします。これは大規模な科学的ブレークスルーを起こす必要はありませんが、社会を改善できるビジネスプロセスのような単純なものを作りだすことでいいのです。そのためには、投資として資本が必要です。そのような投資はハゲタカファンドの資本と混同されがちですが、資本投資の大部分は異なる性質のものであり、家族のリソース、銀行、または人々がフランチャイズを購入するか新しいビジネスを始めるときに使用されるお金が含まれます。
成功した起業家はやがて資本家になるかもしれません。しかし現実には、中産階級のほとんどの人々はすでに資本家です。お金を投資するとき、そして貯蓄と投資計画を立てるときでさえ、資本家になります。ほとんどの人が理解していないのは、仕事の量に制限がないということです。仕事や品物が不足することはありません。それは常にトレードオフに帰着します。「あなたは与えられた仕事をやりたいですか?」「作業は最善な利益をもたらすよう行われていますか?」「努力を無駄にしていませんか?」
これらには資本主義が効果を発揮します。資本主義はルールを利用して順序どおりに機能するシステムです。人々の不均一な質量で時々刻々と変化する欲求と欲望を測定する手段であり、人々が望むものと利用可能なものとの間の対立を分類する手段です。
失業ゼロを達成する能力は現在すでに存在しています。人々が自由に選択できるようにしていることでは実現はしません。私たちは人々が仕事をしないという選択肢を持つことを認めています。そして、常に選択肢があるためオプションです。セーフティネットのある社会では、人々は仕事ではなく働かないことを選択します。人々は移動するのではなく、住んでいる場所や家族の近くにとどまることを選択します。そのような選択肢は一部の人々にはありますが、他の人々にはありません。世界の多くの貧しい人々にとって、1つの場所に滞在し、移住雇用を引き受けないという選択肢はありません。西洋では選択肢がないように生きることは甘やかされているからなのです。
西洋では、誰も教育を制限されていません。別の言い方をすることもできますが、現実には、リアリティテレビを見たり、Instagramの写真を撮ったり、Facebookの更新を確認したりするたびに、自分自身を良くするために費やすことができます。無料の教育、図書館、さらに重要なことに、人類史上最も困難な課題などへのオンラインアクセスが無料で利用できるため、唯一の言い訳は自分自身にあります。
特権について議論する人もいます。彼らは弱者の少数派から来ているので公平ではないとあなたに言うでしょう。私たちが目にするのは自分自身を改善するための行動をとることを拒否した人々からの自尊心なのです。どんな都市にも誰もやりたくない仕事があります。
座ってビールを飲んでテレビを見る方が簡単だと判断するたびに、素晴らしい本を読んだり、技術的な問題を研究したり、自分自身をさらに教育する機会を失います。好きではない仕事から帰ってくるたびに、あなたは自分の人生を受け入れる決心をします。多くの人々が抗議運動に参加する理由もここにあります。簡単で、怠けているときに何かをしているふりをすることができます。人々が直面する本当の問題は、何も考えずにリーフレットを配ったり宗教に参加したりすることでは解決しないのです。
絶滅の反乱(Extinction Revellion)などのカルトのような運動をする人々は、自分の人生についてまともに考えることができない単純な愚か者であり、考えることもなく、憎しみと悲観主義に基づいて宗教を選びます。それはカルト宗教にすぎません。実際に彼らは虚無的で破壊的であるにもかかわらず、彼らは何かをしていると信じることができます。彼らは、実際には風車を傾けているだけなのに、自分の使命と感じるために拳をあげるのです。それは言い訳です。問題は外部に存在するため、変更する必要がないと言うのは言い訳です。それは彼らのせいではないと言うことができる言い訳です。彼らは他人を非難し、社会が間違っていると言うだけで自分自身を見つめて変わろうとしません。
絶滅の反乱や自発的な人間の絶滅運動などの運動の一部である人々は単純にヘイトです。彼らは自分自身を憎み、他人に対しても憎みます。彼らはより良い社会に学び、構築し、創造するのではなく、単にそれを取り壊して終わらせたいと望んでいます。重要なのは人間性なのです。ガイアのように地球を擬人化することでは、地球が生命体ではなく、地球には欲求がないということを認識できません。現実には人間だけが探求し、発展させることを可能にし、意識的な欲求と能力を開発したということです。私たち以外にこれまでに行った動物はありません。もし私たちが新しい技術を開発しなくなったら、やがては地球上のすべての生命は終わるでしょう。
人類が明日地上から消えたら、地球もいずれはなくなるでしょう。そして宇宙のこの段階で、惑星の今のこの段階で私たちに取って代わる何か他のものはありません。
人類の存在を通して真実だったことが一つあります。私たちは創造してきました。そうすることで、存在するすべての問題の解決策を見つけます。
衰退の時代ではありません。
世界は黄金時代の始まりです。毎年良くなります。1日ごとに良くなっています。毎日、貧困が減り、予防接種が増え、寿命が延び、世界中でより多くの自由がもたらされます。逆のことを言う人もいますが、事実は良くなっていることを証明しています。
やるべきことはたくさんありますが、やることは常にたくさんあります。いくらやっても、やることはたくさんあります。しかし、過去20年間で、極度の貧困は半分になりました。それだけでなく、私たちはより多くの人口を抱えており、貧困の人々の数を減らしました。地球は100億人になっても崩壊しません。実際、1000億人が今日存在していても、彼らは食べられ、服を着られ、地球は崩壊しません。過去1万年の間に、人類が望むことができるすべてのものが改善されました。きれいな水へのアクセス、ヘルスケアへのアクセス、文字通りあなたが名付けることができるものすべてが改善されました。現在私たちが持っているものと、20年、50年、または100年前に手に入れることが出来たものはとても差が大きいのです。西洋で100年前の最も裕福な人は、現代の教育を受けていない人々が当然に享受できる多くのものにアクセスできませんでした。
私たちのすべての問題に対する真の解決策は、私たちが過去1万年間やってきたこと、つまり人間でいることです。新しいものを発明し、新しいものを創造し、ソリューションを提示する。私たちが失敗する唯一の方法は、人類を憎む人々の虚無主義の考えを受け入れ、彼らが存在するすべてのものを受け入れ、私たちの存在のない世界を求めることです。集団自殺で人類を破壊したので、彼らは一人ではないと主張することができます。それは絶滅の反乱とそれに続くすべての人に関連するものです。それは単純なので、カルトで安らぎを求める人です。彼らは楽をして一生懸命働く必要がないので、責任を取りません。彼らは他人を非難します。そして、彼らはビジネスと資本主義と政府を非難します。それは、人々が外部に集中できるようにするメンタリティに由来するため、新しいソリューションを学び、教育し、開発するのではなく、自分自身を変えるのではなく、単に非難して憎むことができる世界に生きることができます。
マスコミの業界ではこう言います。「血がある事件ほど注目される。」クリックベイト広告の洪水の中で、私たちは世界の社会の誤った悲観的な見方を信じるように教え込まれました。 2017年は民間旅客機の墜落がまったくなかった始めての年でした。しかし、私たちは少数の孤立した事件を標準のように見てしまいます。
「奇妙なAI」という番組のヤンコビッチは彼のパロディ曲「ファーストワールドプロブレムズ」で、「コットンシーツのコメント欄を見て痒くなった〜。」、「私の家は大きすぎてキッチンではWiFiが届かない〜。」と面白おかしく歌っています。
現実は、ほとんどの人が信じ混んでいることとまったく異なります。私たちは人類史上最も繁栄した時期に住んでおり、来年は良くなります。今から10年後、それはもっと良くなり、私たちの子供たちはより良い生活を送るでしょう。憂鬱になる唯一のこと、絶望する唯一のことは、一部の人々がそのような成長を少しずつ低下させ、社会の変化率を制限することです。
社会の起業家が変化を生み出します。 変化は破壊的であり、短期的には問題を引き起こすように思われますが、それは私たちを貧困から抜け出し豊かな世界に導くような変化なのです。
 

25.0¢
25.0¢

No one has reviewed this piece of content yet