(Sorry I'm not good at using English. Plz use Google translator)
I recently wrote Satoshi Nakamoto & true bitcoin story in Japanese Press.
But the desk avoided my article.
Avoiding reason was very interested.
So I will share with Yours :)

The Desk said
"As a result, I'm very sorry,
It was that the desk wanted to refrain from posting this time.

There are two reasons.
Who is Satoshi Nakamoto and what kind of thought is bitcoin
Whether it was born is a very important theme,
Reason 1:
If possible, topics in the market and Crypto currency areas
To say that we want to take up,
Reason 2:
Once in 2016 Dr. Wright said that "I am Satoshi"
He changed his attitude on the way and stated "I'm sorry", and He abandoned the proof
For general readers the impression is absolutely strong,

Those who think that it seems to be a little more confident to overturn this impression
It seems to be attracting attention as a topic

I am sorry I have written you carefully.
If you have comments, etc.,
Please do not hesitate to let me know if you can teach it.
As for the manuscript, we will check to confirm that you can send it,
Continue to thank you."
Very interesting thing was no doubt about Satoshi's proof. (There is no comment on anything in particular about the degree spoofed by media or Core)
The desk consists of several experts. There are also many people from (Bitcoin)Core.
Perhaps it is, many media may be afraid of Satoshi's appearance.
Core's lies that they have covered so far will end up being lost and the media will lose credibility.
Media may becomes nervous by my Satoshi certification degree.
If the media knows that Bitcoin (Cash) is real Bitcoin will never be shown.
I was relieved. Everyone, you can buy bitcoin(cash) cheap for a while for now, so buy a lot :)
However, it is usually 8 hours to 12 hours after the check of the article is over, my article took over 30 hours. It may be that there was controversy inside.

here is my article in Japanese & sources.
題名「 1兆円のビットコインを保有すると考えられるビットコイン発明者サトシ・ナカモト 」
ビットコインの発明者サトシ・ナカモトは正体不明とされている。
しかし私はオーストラリア人科学者クレイグ・スティーブン・ライト博士(以下:CSW博士)がビットコインの発明者サトシ・ナカモトと考えている。今回は私が知りうる限りのサトシ・ナカモトについて述べようと思う。先に断っておくがCSW博士は過去の事について詳しく語りたがらず一部関係者の役割等は予想して記述した場面等があり参考程度にしていただきたい。
ビットコインが誕生する3年近く前の2006年にCSW博士は暗号に関するメーリングにおいて暗号の署名に関する受け答えをしているがその内容は専門的で解釈次第だがブロックチェーンの基礎や着想に相当する内容となっている。
中国のビットコインキャッシュコミュニティの場において自身がサトシ・ナカモトだと公言し、さらにCSW博士以外にも、デイブ・クレイマン(CSW博士の良き理解者でビットコインの白書、ビットコイントークやビットコインに関する初期のメーリングでCSW博士の発言や意見の修正などを担当したと考えられる。とても社交性が高くCSW博士の苦手な一般人向け表現をサポートした。)、デイビッド・リース(イギリスの数学者、第二次世界大戦でイギリスの敵国ドイツのエニグマの研究やリースの定理等が有名)の3人で作ったと告白し、他の2人はすでに他界しており亡くなった2人の分も頑張ってやっていくとのことだ。
CSW博士はフェイクトシ(偽サトシ)としてSNS上でバカにされる。彼曰く、反ビットコインキャッシュの人間を見つける為にワザとそう呼ばれ反感を買うように演じているそうだ。
因みにフェイクトシと発言する方々の非難で多いのがCSW博士の学歴詐称に関する事が多い。
しかし、3つの博士号(神学・経済学・コンピューターサイエンス)と20近い学位(修士)を取得しており、現在は法学と応用数学の博士号の取得を試みている。
SANSにおける資格取得も確認できるだけで30を超えており世界記録級の取得数ではないかと考えられる。
さらにnChainのチーフサイエンティストを務めておりnChainとCSW博士名義で毎週平均して10~12程度の特許を作り申請している。2018年9月4日時点で854件の特許申請を行ったようである。今のところCSW博士の勤めるnChain名義では少なくとも2つの特許が認定されており、来年の5月に発明王エジソンが生涯に取得した特許数を超えてみせると豪語している。
ビットコインの創世ブロック(ゼロブロック)の真意について
ビットコインはアナーキーや無政府主義者のものだと考えられているがビットコインの創世ブロックに書かれているタイムズ紙の「(財務)大臣、銀行救済に二度目の公的資金注入へ」という見出しが発端のようだ。しかしCSW博士曰くタイムズ紙の見出しよりも、その内容の方が大切だと述べており、サブプライムローン問題で世界経済が大混乱の中、中央銀行が市中銀行に住宅ローンのような危険な資産を買い取らせようとしていた。市中銀行がそれに反発できなかった。中央銀行のそのような暴走を止めるため、そして市中銀行の自由の為にビットコインを作ったそうだ。
ナカモト・サトシの由来は17世紀の思想史家「富永仲基」が由来であると過去にインタビューで回答している。
また、サトシは「The House of Morgan: An American Banking Dynasty and the Rise of Modern Finance」の実在するトレーダーが由来だそうだ。
CSW博士はビットコインキャッシュが本物の「ビットコイン」だという。それは初期のビットコインの白書に忠実で10年前の2009年1月10日のビットコイン誕生日のビットコインバージョン0.1からビットコインが目指す方向性は変わらないからだ。
又博士は今後5年で50億人がビットコインキャッシュを使う時代にする目標を立てている。
スマートコントラクトやトークン化社会の為に特許を取得しその準備は着々と進行している。
以上で私のサトシ・ナカモトの調査となる。
ビットコインに関するあらゆる事はCSW博士が取得した複数の学位、資格や協力者で十分説明可能で、創世ブロックの解釈も矛盾はない。さらに2006年時点でブロックチェーンの構想を持ちえた人間はCSW博士しかみあたらない。
これらのCSW博士の発言と客観的な事実をどう解釈するかは読者の皆さんにお任せする。
誰がサトシであれ、本当のビットコインがなんであるのか?今一度考えてみてほしい。

下記が参考URL等です
2006年の暗号通貨のメーリング(ただ、Blockchainの構想がここにあったと結論づけることは難しいがその片鱗は確認できるかと思います。)
「In fact there are scheme to sign a message using only Hashing
algorithms. The simplest of these is to hash the document and keep a
list of document hashes (similar to software). A user could check the
list to see if the message was valid or if tampering had occurred. A
third party could keep the hash tables to ensure that the lists where
accurate.」

CSW博士の博士課程に関する発言
学位に関する証拠となる動画とPDF
SANSに関する取得数、これだけの保有者は世界記録レベルかもしれません。

BCHの中国コミュニティにおけるCSW博士の発言まとめ、この中で自身を含めた3名のサトシについて言及している。

David Rees
Dave Kleiman

ナカモト・サトシの由来となる富永仲基についての発言
余談ではあるが、サトシの由来はノンフィクション小説のトレーダーの名前だそうです。(この本が由来だと推測されている。The House of Morgan: An American Banking Dynasty and the Rise of Modern Finance)

2018年9月4日時点で853の特許を申請

nChainの特許取得に関して

タイムズ紙の表題について
タイムズ紙

日本時間2009年1月10日にBitcoinが誕生した理由

50億人が使うBCH

Bitcoincash(nChainが取得)のトークン化とスマートコントラクトに関する特許
 

25.0¢
35.0¢

No one has reviewed this piece of content yet